突然病気になった時、救急は行くべきなのか

日曜日や祝日などの病院が休みの時に限って病気になってしまったりすることがあると思います。特に子供はそういう時に限って病気になるものです。がん検査なら大阪の福永記念診療所がおすすめ。私は土曜日の夕方に子供が40度の熱を出したことがありました。急いで救急平野区で評判の透析病院に行って診察してもらいました。診察したのは伊丹市で評判の訪問病院小児科の先生でした。先生は熱が出てるにも関わらず血液検査などの検査をしてくれませんでした。理由は見た目で大丈夫そうだからということでした。先生にそう言われたのでやむなくその日か帰りました。しかし解熱剤を飲んでも熱が下がらないので、翌日もう一度受診しました。すると今度は泌尿器科の先生でした。私は熱が下がらないし薬も効いているのかわからないので来た旨を説明しました。すると先生は飲んだばかりで薬が効くわけないという趣旨のことをぶつぶつ言っていました。しかし子供のために私は怒りたい気持ちをこらえて血液検査をしてもらいました。すると血液検査で異常値が出ました。翌日小児科を受診するように指示されました。結局はじめに見てくれた小児科の先生の診断ミスだと思います。これからは先生になんと言われようと血液検査はすぐにしてもらうべきだと痛感しました。
39度の熱があり、意識がもうろうとする中で近所のクリニックへ行く事にしました。
この時には、欲しい薬をくれるクリニックではなくて、きちんと見てくれるクリニックを選んで足を運びました。
しかし、診察室にはいりますと私は「インフルエンザですからタミフルを下さい。」と叫んでいました。
このしんどさは以前経験しましたインフルエンザと同じ、またかかってしまったに違いないと思い込んでしまったのです。
しかしドクターは冷静に、「まずは検査をしましょう。」と血液検査の部屋へ通されました。
結果は、インフルエンザではなく、マイコプラズマ肺炎でした。
熱の高い患者の言うままにクスリを出さず、冷静に判断して下さったドクターに感謝しています。
しかし、この時に処方されました薬はフロモックスでした。
タミフルも効きませんけれども、クラビットなどのニューキノロン系の薬ならよかったのに、と思っています。しかしどんな薬も3日分の所用にする、という正しい行いのドクターですからドクターに非は有りません。

JALカード
|初値予想|童話

|住宅リフォーム総合情報
|女性向けエステ.com
|生命保険の選び方
|家計見直しクラブ|オーディオ|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ
|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|GetMoney|生命保険の口コミ.COM|サプリメント|クレジットカードの即日発行じゃけん
|